広島市人妻セフレは、オナニーしながらエビ反り狂乱絶叫

広島市在住の人妻セフレは、
20代前半の綺麗系。
ナチュラルビューティーの登場に会った瞬間からガッツポーズ間違いなし!!
アダルトSHOPでエッチなビキニを買った後、

広島市の綺麗なラブホに行った時、

凄く綺麗で整った顔立ちは最高に色っぽいんです♪
僕もセフレもビンビンも大洪水でしたので、キスをしてからすぐに、69でさらにぬらして騎上位で発射です。
バイブを入れられながらクリを責められる!!
フェラの方は絶品で、リズム感といい、強弱のつけ方といい、最高でした。
胸をソフトに揉むと「強くしてー!!」って言われたので強めに揉みしだき乳首を舐めます。
セフレをくまなく攻めて可愛らしい感じ方に大興奮!そのまま正常位で放出。

元商業ビルのホテル「KIRO広島」が13日オープン

 既存の建物を改修したホテル「KIRO広島」が13日、広島市中区三川町に開業する。屋内プールを開放的なバーラウンジに改装したのをはじめ、地域住民と観光客らが交流できるシェア(供用)スペースなどを設置。瀬戸内地域へ足を進めたくなる「瀬戸内ローカルへの分岐路」を目指すとしている。

 築約30年の6階建て複合商業ビルを改修した。3階部分にあった整形外科病院が使用していたリハビリ用屋内プール(長さ約12メートル、深さ約90センチ)はバーラウンジ「THE POOLSIDE」に生まれ変わった。一部の階段や手すりをあえて残すことで、この場所がプールだった名残を伝えている。

 客室は11種類49室。観光客をターゲットにした2~6人部屋をそろえた。

 KIRO広島は、既存建物の改修・再生を手がける「リビタ」(東京)がトータルプロデュースする「THE SHARE HOTELS」の7号店。同社は金沢市や京都市などで同様のホテルを企画・運営しており、地元関係者らと組んだイベントを多く展開している。

 KIRO広島でも、地元関係者らがコンテンツパートナーやデザインパートナーなどとして参画。地元関係者らと協力して、食やアートにまつわるイベントを開催して、ホテルと地域をつなぐ新しい仕組みをつくっていく計画だ。

 リビタ「KIRO広島」プロジェクト担当の小林圭祐さんは「広島は地域で活動しているプロフェッショナルがたくさんいる。彼らと新たなコンテンツを発信して、瀬戸内エリアへ観光客を導く岐路のような存在を目指したい」と話した。